ITパスポートの通信教育の真実!知りたい講座

通信教育を受講する必要があるのか?

別のページで、できるだけ犠牲にする時間を少なくして、勉強する方法があると説明しました。それが通信教育です。

通信教育の場合、講義(DVDやPCなど)やテキスト、問題集を用意してくれ、
しかも予め出題範囲を絞って教材が作られているので、
ピンポイントで勉強していけます。
その結果、無駄な勉強をする必要がないので、短時間の勉強でも合格できてしまうのです。
イメージとすれば、お金を払って合格するノウハウを提供してもらうという感じです。

では、どういった人が通信教育で勉強した場合メリットがあるのでしょうか!
主に以下のタイプが上げられます。

  • 長い期間、勉強から遠ざかっている
  • 仕事やその他の用事で忙しく勉強時間が取れない
  • 1日の中でできるだけ自分の時間がほしい
  • 短期時間の勉強で合格したい
  • 毎日多くの時間勉強する自信がない

などのタイプの人は、独学は諦めて通信教育を受講して方が無難です。

これらのタイプの方が独学で勉強した場合、ほぼ高い確率で挫折するか不合格になってしまいます。
もちろん、決めるのはあなた自身ですから、それでも独学で勉強したいなら一度チャレンジするのも良いかもしれません。

しかし、そこまで独学にこだわるメリットはあまりないような気がします。

例えば、独学のメリットは費用が少ないことですが、
参考書や問題集など色々購入しているうちに1万くらいはかかってしまいます。

一方、通信教育なら2万円も出せば、講義が視聴できる、参考書や問題集、質問受付などのサービスが付いてくるところもあります。

1万円多く出して、講義を視聴しながら短期時間で合格できるなら、
通信教育の方がよいのではないでしょうか!
しかも大切な時間も節約できるので、独学で無理やり勉強する意味はないと思います。

あなたが考えなければいけないのは独学で勉強する事でなく、試験に合格する事です。
そのために最も可能性のある方法を選ぶべきだと思います。

是非、通信教育の受講も検討して見て下さい。

<< 前のページ次のページ >>