ITパスポートを独学で勉強した場合の現実!知りたい講座

ITパスポートを独学で勉強する方が理解していない本当の意味

ITパスポートの勉強を独学で行なう方は沢山います。
多分一番多い学習スタイルが独学でしょう!

しかし、独学で勉強する本当の意味を理解している人は少ないと感じます。

ところで、ITパスポートの勉強を独学でした場合、
一番のデメリットは何だかわかりますか?

「合格するのが難しくなる」「勉強がわからなくなる」「参考書や問題集を自分で選ばなくてはいけない」など、いろいろな声が上がってきているのがわかります。
確かにどの理由も間違いではありません。

しかし、もっと簡単にいってしまえば、勉強量が必要になる、
つまり時間がかかると言う事です。
それが独学で勉強した場合の本質です。

しかし、そのことを理解しないでITパスポートを独学で勉強する人が非常に多いのです。
その上、出来るだけ時間を犠牲にしたくないとなります。
そして、このような人は、挫折するか、不合格になるかの道を歩んで行きます。

ここでITパスポートの試験を独学で勉強する方はしっかりと考えて下さい。

例えば、あなたが毎日仕事で帰りが遅く、とても勉強している時間がなかった場合、
独学で勉強すればどうでしょうか?
多分ITパスポートに合格できません。
というよりも、不合格になるならまだましで、途中で挫折してしまいます。

また、自分の性格を考えて、楽しい時間やリラックスする時間をなくしてまで、
何ヶ月も勉強する自信はあるでしょうか!

もし、これらのことが出来ないと言うのなら、独学で勉強することは諦めて下さい。

独学で勉強しようと思う時間すら無駄になります。

ですが、毎日勉強しても苦にならないと思えば独学で勉強しても良いと思います。
最終的には、独学のデメリットを理解して、自分に問いかけて決めて下さい。

<< 前のページ次のページ >>