ITパスポートの難易度の秘密!知りたい講座

ITパスポートの難易度!受験する方は必ず読んで下さい。

はじめに申し上げたいのは、ITパスポートは決して簡単な試験ではないと言う事です。
ITパスポートの試験は難易度が低いと思っている方がいますが、
それは大きな間違いです。

もちろんIT系の分野が得意な人には、それほど難易度が高いと感じないかもしれませんが、皆がそうではないのです。
そのことを前提として、この先を読み進めてほしいと思います。

では、ITパスポートの合格率から難易度を検証していきます。

 

平成24年

平成25年

平成26年

応募者数

68,983人

74,391人

78,720人

受験者数

62,848人

67,326人

71,464人

合格者

25,796人

32,064人

34,215人

合格率

41.0%

47.6%

47.9%

だいたい40~50%の合格率が、ITパスポート本来の難易度を示す数値であります。

それでは、この40~50%の合格率で、どのように難易度を判断するかということになります。

基本的に合格率そのものだけを見れば決して難易度の高い試験ではありません。
国家資格の中には、1桁台の試験も多くあり、それらの資格からみれば、
合格しやすい試験だといえると思います。

しかし、冒頭でも説明したようにITパスポートは簡単に合格できる資格ではありません。

よく誤解する人がいるのですが、合格しやすい試験と言えば、
あまり勉強しなくても合格できると思うのです。

合格しやすいと言うのは、きちんと勉強量をこなした上での話で、
何もしなくて合格できるほど国家資格はあまくありません。

まぁ実際に勉強してもらえばITパスポートの難易度はわかると思いますが、
難しい試験と思うくらいで丁度良いと思います。

簡単だと思ってしまえば、試験をなめてしまい、
本気で勉強しません。

とにかく、ITパスポートの勉強は気を引き締めておこなって下さい。

<< 前のページ次のページ >>