ITパスポートの出題範囲!知りたい講座

ITパスポートの出題範囲

では、ここでITパスポートの出題範囲を詳しく見てみましょう!
尚、現段階ではどのような勉強をするか具体的にイメージしにくいと思いますが、
ざっくりでも覚えた方が後々の理解を助けてくれますので、
必ず最後まで目を通して下さい。

1、ストラテジ系(35問)

ステラテジ系とは簡単に言ってしまえば、ITを使い企業活動の分析を行なう勉強をしていきます。
例えば、より良いサービスや商品を作り上げていくための分析や改善をおこなうPDCAと呼ばれるサイクルを繰り返す手法。
オフィスツールを使って、企業や商品のデーターをグラフ化する方法などです。

■企業と法務
企業:財務諸表、損益分岐点などの基本的な考え方。身近な業務を分析し,課題を解決する手法や,PDCA の考え方。業務フローなど業務を把握する際のビジュアル表現など。
法務:知的財産権(著作権,産業財産権など),個人情報保護法,労働基準法,労働者派遣法など。

■経営戦略
経営戦略マネジメント:表計算ソフト,データベースソフトなどオフィスツールの利用など
ビジネスインダストリ:電子商取引,POS システム,IC カード・RFID 応用システムなど。

■システム戦略
システム戦略:情報システム戦略の意義と目的,戦略目標,業務改善,問題解決に向けた考え方など。
システム企画:見積書,提案依頼書(RFP),提案書の流れなど調達の基本的な流れなど

2、マネジメント系(25問)

マネジメント系は、システムやソフトウェア開発、プロジェクトマネジメントのプロセスを学び、コンピューターやネットワークを使っての環境設備を整えるための基礎も学びます。

■開発技術
システム開発技術:要件定義,システム設計,プログラミング,テスト,ソフトウェア保守などソフトウェア開発のプロセスの基本的。ソフトウェア開発における見積りの考え方など。
ソフトウェア開発管理技術:開発手法に関する意義や目的について

■プロジェクトマネジメント
プロジェクトマネジメント:プロジェクトマネジメントの意義,目的,考え方,プロセス,手法など。

■サービスマネジメント
サービスマネジメント:IT サービスマネジメントの意義,目的,考え。コンピュータやネットワークなどのシステム環境整備に関する考え方など。
システム監査:システム監査の意義,目的,考え方。内部統制,IT ガバナンスの意義,目的,考え方など。

3、テクノロジ系(40問)

ITに関連する基礎的な用語や意味を学んでいきます。

■基礎理論
基礎理論:2 進数の特徴や演算,基数に関する基本的な考え方。ビット,バイトなど,情報量の表し方や,ディジタル化の基本的な考え方。
アルゴリズムとプログラミング:アルゴリズムとデーター構造の基本的な考え方,流れ図の表現方法。HTML,XML などのマークアップ言語の種類とその基本的な使い方。プログラミングの役割など

■コンピュータシステム
コンピュータの構成要素:コンピュータの基本的な構成と役割。プロセッサの性能と基本的な仕組み,メモリの種類と特徴。記録媒体の種類と特徴。・入出力インタフェース,デバイスドライバの種類と特徴など。
システム構成要素:システムの構成,処理形態,利用形態の特徴。クライアントサーバシステムの特徴。Web システムの特徴。システムの性能・信頼性の考え方など。
ソフトウェア:OS の必要性,機能,種類,特徴。ファイル管理の考え方と基本的な機能の利用法,バックアップの基本的な考え方。・オープンソースソフトウェア(OSS)の特徴など。
ハードウェア:コンピュータの種類と特徴。入出力装置の種類と特徴。

■技術要素
ヒューマンインターフェイス:GUI,メニューなど,インタフェースの設計の考え方。
マルチメディア:JPEG,MPEG,MP3 など,符号化の種類と特徴。・情報の圧縮と伸長,メディアの特徴など。
データベース:DBMS・データベースモデルの種類。排他制御・リカバリ処理の方法など。
ネットワーク:LAN やWAN の種類と構成,インターネットやLAN の接続装置の役割。通信プロトコルの必要性,代表的なプロトコルの役割。電子メール,インターネットサービスの特徴。
セキュリティ:ら情報セキュリティの基本。・ウイルス対策などの技術的セキュリティ対策の考え方。・ID・パスワード,コールバック,ディジタル署名,生体認証技術など,認証技術の種類と特徴。公開鍵,秘密鍵など,暗号化技術の仕組など。

かなり端おって説明しましたが、それでもこれだけの量があります。
つまり、ITパスポートは出題範囲がかなり広いのです。
その上、100問と言う問題数になるので、どの分野・項目からも満遍なく出題されます。

詳しくは次のページで紹介しますが、ITパスポートは決して簡単な試験ではありません。
ある一定の勉強量をこなさなければ、合格できない試験です。
特に普段ITに触れることの少ない方は、覚えにくい専門用語も多いので、
かなり努力する必要があります。

まぁ、ここでは難しく考えないでこういった勉強をすると覚えておいて下さい。

<< 前のページ次のページ >>