職種を問わず重宝するITの知識は、就職活動のアドバンテージに

ITパスポートが役立つ就職先とは?

これからITパスポート試験に挑戦する皆さんの中には、就職活動を見据えて資格取得を目指す方というのも少なくないと思います。「特にIT系に進みたいわけではないけれど、何となく有利になりそうだから・・・」と気軽な気持ちでチャレンジされる受験生もいらっしゃるでしょうか。

実際のところ、ITパスポートの取得が就職に役立つのか、役立つとするならばどんな業界への就職の際に有利に働くのか、気になりますよね。ここでは、就職活動におけるITパスポート資格の位置付けについて考えてみたいと思います。

今やITと無関係な業界は皆無、取得しておけば必ずプラスに評価されます!

ひと昔前までは、「IT」といってもごく一部の特別な人のスキルに過ぎませんでしたが、今はどんな業界に身を置いても、少なからずITスキルが問われる時代。たとえショップ店員であっても、最低限、イントラネットを用いた商品管理や社内コミュニケーション等は出来なければ仕事になりません。就職活動の際に「ワタシ、パソコン ワカラナ~イ」では通用しないでしょう。また、事務職や営業職でもITの知識や基本的なパソコンの操作は教養として求められる部分です。皆さんがどんな業種に進むにせよ、ITパスポートの取得の有無にかかわらず、就職活動時にはITのスキルを磨いておく必要があります。

ITパスポート試験では、
○どのような業種・職種でも、ITと経営全般に関する総合的知識が不可欠
○事務系・技術系、文系・理系を問わず、
 ITの基礎知識を持ち合わせていなければ、企業の戦力にはなりえない
○グローバル化、ITの高度化はますます加速し、
 「英語力」と共に、「IT力」を持った人材を企業は求めている

(参照 https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/about/about.html
の3つの考え方に基づき、社会で即戦力とされるITスキルを証明する試験です。

実際の試験の中では、経営戦略やマーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識等も問われますから、よくある“教科書通りの知識のみが問われるテスト”ではなく、真に“使える”知識の習得が目指されている点に特徴があります。だからこそ、社会に出る際には携えておきたい資格のひとつであると言えるのです。

「ITパスポートを、就職に先立ち取得しよう!」という皆さん、まさに“先見の明あり”ですよ。ぜひ頑張って資格取得を目指してください!

<< 前のページ