職種を問わず重宝するITの知識は、就職活動のアドバンテージに

ITパスポートが役立つ就職先とは?

これからITパスポート試験に挑戦する皆さんの中には、就職活動を見据えて資格取得を目指す方というのも少なくないと思います。「特にIT系に進みたいわけではないけれど、何となく有利になりそうだから・・・」と気軽な気持ちでチャレンジされる受験生もいらっしゃるでしょうか。

実際のところ、ITパスポートの取得が就職に役立つのか、役立つとするならばどんな業界への就職の際に有利に働くのか、気になりますよね。ここでは、就職活動におけるITパスポート資格の位置付けについて考えてみたいと思います。

今やITと無関係な業界は皆無、取得しておけば必ずプラスに評価されます!

ひと昔前までは、「IT」といってもごく一部の特別な人のスキルに過ぎませんでしたが、今はどんな業界に身を置いても、少なからずITスキルが問われる時代。たとえショップ店員であっても、最低限、イントラネットを用いた商品管理や社内コミュニケーション等は出来なければ仕事になりません。就職活動の際に「ワタシ、パソコン ワカラナ~イ」では通用しないでしょう。また、事務職や営業職でもITの知識や基本的なパソコンの操作は教養として求められる部分です。皆さんがどんな業種に進むにせよ、ITパスポートの取得の有無にかかわらず、就職活動時にはITのスキルを磨いておく必要があります。

ITパスポート試験では、
○どのような業種・職種でも、ITと経営全般に関する総合的知識が不可欠
○事務系・技術系、文系・理系を問わず、
 ITの基礎知識を持ち合わせていなければ、企業の戦力にはなりえない
○グローバル化、ITの高度化はますます加速し、
 「英語力」と共に、「IT力」を持った人材を企業は求めている

(参照 https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/about/about.html
の3つの考え方に基づき、社会で即戦力とされるITスキルを証明する試験です。

実際の試験の中では、経営戦略やマーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識等も問われますから、よくある“教科書通りの知識のみが問われるテスト”ではなく、真に“使える”知識の習得が目指されている点に特徴があります。だからこそ、社会に出る際には携えておきたい資格のひとつであると言えるのです。

「ITパスポートを、就職に先立ち取得しよう!」という皆さん、まさに“先見の明あり”ですよ。ぜひ頑張って資格取得を目指してください!

<< 前のページ

明白な出題傾向あり!ITパスポートは対策しやすい試験です

ITパスポートは対策のしやすい試験

ITパスポート試験対策を考える上では、過去問重視派とそうでない派とで、意見が分かれることがあります。

同じ試験について論じているにもかかわらず、なぜそんな事態が生じるのでしょうか?このページでは、ITパスポート試験における出題傾向に注目してみたいと思います。


過去問からの出題は6割程度。この数字を高いとみるか低いとみるかは人それぞれ

実際にこれまでに実施されたITパスポート試験の出題を分析してみると、過去問からの出題はおよそ6割程度であることが明らかになります。

「半分ちょっとの出題が過去問から」となれば、「それなら過去問対策を重視すべきだ」という結論に至るかもしれません。ですが、一方で「全体の1/2弱は過去問以外の、初見の問題が出題される」とも言えるわけですから、こちらに着目すれば「新しい問題にこそ対応できるようにしておかなければ!」と、過去問を重視しない受験生も出てくると思います。

特に、ITパスポート試験の前身である初級シスアド試験を知っている方にとっては、ITパスポート試験に移行してから過去問からの出題がぐんと減ったという印象が強く感じられることでしょう。 つまり、“6割”という数字をどう捉えるかによって、人それぞれ、今後の対策が変わってくると言っても過言ではありません。

「何となく過去問・・・」ではダメ!重要なのは「ポイントをおさえた学習」

ITパスポート試験合格を目指す上では、過去問の中でも繰り返し出題される箇所がどこなのか、加えて今後狙われるべき事項はどれかといった「ポイント学習」が不可欠です。

例えば、自己流でただやみくもに過去問だけを解きまくっていたのでは、出題傾向を正しくおさえることができないかもしれません。また、初見の問題に身構えるあまり、予想問題集に類にばかり気を取られていても、あまり効率の良い対策であるとは言えません。

重要なのは【傾向と対策を踏まえた学習を積み重ねること】。そのためには、やはり専門の対策講座の受講が、合格への一番の近道であると言えます。


ITパスポート試験のような比較的合格率の高い試験の場合、「過去問だけやれば合格できるだろう」と安易に独学で挑戦する受験生が結構いますが、これは意外と危険です。受験者のうちおよそ半数は合格できる試験ではありますが、一方で、半分の方は落ちる試験であるとも言えます。油断することなく、万全の対策を以て臨みましょう!

<< 前のページ次のページ >>

合格率40%台後半!ITパスポート試験は資格初心者にオススメ!

ITパスポート試験の合格率

ITパスポート合格を狙う皆さんであれば、すでに合格率をチェックされていることと思います。春期・秋期に実施されるITパスポート試験の合格率は、各回概ね40%台後半。受験者のおよそ半分が合格する試験ということで、資格受験初心者にも比較的気軽に挑戦できるテストであると言えます。

明確な合格基準あって受験者数に関わらず、その基準をクリアできるかどうかがカギ

ITパスポートは、よくある“合格率○%程度のラインで微調整が入る試験”や大学入試のような“合格定員○名と決まっている試験”ではなく、 はっきりした合格基準が設けられ、そこさえ越えられれば合格となる、ある種「明朗」な試験です。

合格基準としては、
■総合評価点、分野別評価点のすべてが次の基準を満たすこと
・総合評価点
     600点以上/1,000点(総合評価の満点)
・分野別評価点
     ストラテジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
     マネジメント系 300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
     テクノロジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)

(参照 https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/about/range.html

となっており、正しい対策を講じれば、上記のラインをクリアすることはさほど難しいことではありません。もちろん、各分野でまんべんなく得点する必要があり、著しい苦手や未対策の分野があっては合格など厳しいのですが、次ページで触れるとおり「過去問中心」の学習で初めて学ぶ方でも十分合格を狙えます。ぜひ前向きに、頑張りましょう!

ITパスポート試験の受験者数に対する合格率は冒頭の通りおよそ50%弱となっていますが、予備校や通信教育でしっかり勉強した受験生の合格率は、とあるスクールでは81%と非常に高い数字が出ています。合格を確実なものにするのであれば、多少の出費をしてでも腰を据えてしっかり対策を講じるのが得策です。

<< 前のページ次のページ >>

ITパスポートは過去問中心の勉強で良いの?知りたい講座

ITパスポートの勉強は過去問が中心

ITパスポートは誕生して間もない資格なので、過去問だけでは通用しないと言う人がいます。
確かに過去出題された事のないような問題も出題されています。

しかし、いくら誕生して間もないからといっても、過去4回も試験をやっていますし、
それに初級シスアドの問題も引き継いでいるので、過去問だけでも十分に合格できます。

それよりも、過去問以外の問題に手を広げ、勉強する事が多くなり、
結局全ての問題を曖昧に覚えてしまう方がよっぽど危険です。

重要なのは、出題されそうな問題を何度も勉強して、確実に解けるようにすることです。
とてもじゃありませんが、過去問以外の問題に手をつけている余裕はないはずです。

もちろん、満点を目指すとなると、予想問題も必要になってきます。
しかし、満点を取る必要はまったくありません。
合格点ぎりぎりだろうが、満点だろうが合格には変わりないのです。

ですから、皆さんは先程説明した問題集の選ぶポイントを参考に問題集を購入して、その一冊を完璧に理解する事です。(独学の場合)
それでもし、時間に余裕があれば予想問題集を購入して、
勉強するのも良いでしょう!
ですが、あくまでも過去問が中心です。

しかし、誤解のないように申し上げると、過去問だけを勉強すれば良いわけではありません。
過去問の前にテキストで基礎知識を覚える必要があります。
ただ、勉強の中心は過去問になると言うだけです。

じゃあどのくらいの割合で勉強するかということですが、
目安としては基礎知識が3で、過去問が7といったとこです。

ですが、個人差があるのでその割が一概に良いとは言えませんが、
少なくても過去問の割合を多くした方が良いでしょう!

後は、とりあえず勉強して見て下さい。

はじめから細かい事ばかりにとらわれていれば、いつまでたっても勉強できません。
今はわからない事がたくさんあっても、勉強していく内に色々わかってきます。
重要なのは、まず勉強してみるということです。

<< 前のページ次のページ >>

絶対に失敗しないITパスポートの参考書と問題集!知りたい講座

ITパスポートの参考書と問題集はこれを使え

独学で勉強する方はITパスポートの参考書と問題集を購入しなければいけません。

ただ、どの参考書を使えば合格できるのか?どの問題集の評判が良いのかなど迷う方も少なくないはずです。
そこで、参考書や問題集を購入する際に必ず抑えて欲しいポイント紹介します。
是非参考にして下さい。

  • 自分の目で確かめて購入する
  • 出来るだけ図解や表を多く使っている参考書
  • 問題集は問題数が多く解答がわかりやすいもの

この3点を守って購入すれば良いでしょう。

それぞれ簡単に解説すると、まず一番重要なのは自分の目で確かめてから購入すると言う事です。
正直に言うと、市販されている参考書や問題集はそれほど差がありません。
後は、相性の問題になります。

例えば、私がこの参考書を良いと言っても、あなたにとって必ずしも良いとは言えません。
それはもちろん、インターネット上の評判でもいえることです。

多くの方が良いと言っている参考書でもあなたにとって良いとは限らないのです。
ですから、自分の目で確かめて、フィーリングで決めるのが、
最も良い参考書や問題集を購入できる秘訣です。

次のポイントは出来るわかりやすくなっているように、図解や表を多く使っているものを購入すると良いでしょう!
文字ばかりのものだと、読んでいて疲れてきますので、挫折の原因になります。

最後の問題集ですが、これは書いてある通りです。
すでに説明したようにITパスポートは全範囲から満遍なく出題されるので、
数多くの問題を解かなければ対応できません。

また、数多くの問題を解いてもその問題を理解しなければいけないので、
そのためには解説がわかりやすいことが重要です。

以上の3点のポイントに注意して購入すれば、あなたに合った参考書や問題集が見つかると思います。

尚、参考までにいくつかの参考書と問題集を紹介します。

参考書

  • 栢木先生のITパスポート試験教室
  • ITパスポート試験対策テキスト
  • ITパスポート試験合格教本

問題集

  • ITパスポート試験 パーフェクトラーニング対策問題集
  • よくわかるマスター ITパスポート試験 対策テキスト&問題集
  • ITパスポート試験過去問題集

<< 前のページ次のページ >>

ITパスポートの通信教育の真実!知りたい講座

通信教育を受講する必要があるのか?

別のページで、できるだけ犠牲にする時間を少なくして、勉強する方法があると説明しました。それが通信教育です。

通信教育の場合、講義(DVDやPCなど)やテキスト、問題集を用意してくれ、
しかも予め出題範囲を絞って教材が作られているので、
ピンポイントで勉強していけます。
その結果、無駄な勉強をする必要がないので、短時間の勉強でも合格できてしまうのです。
イメージとすれば、お金を払って合格するノウハウを提供してもらうという感じです。

では、どういった人が通信教育で勉強した場合メリットがあるのでしょうか!
主に以下のタイプが上げられます。

  • 長い期間、勉強から遠ざかっている
  • 仕事やその他の用事で忙しく勉強時間が取れない
  • 1日の中でできるだけ自分の時間がほしい
  • 短期時間の勉強で合格したい
  • 毎日多くの時間勉強する自信がない

などのタイプの人は、独学は諦めて通信教育を受講して方が無難です。

これらのタイプの方が独学で勉強した場合、ほぼ高い確率で挫折するか不合格になってしまいます。
もちろん、決めるのはあなた自身ですから、それでも独学で勉強したいなら一度チャレンジするのも良いかもしれません。

しかし、そこまで独学にこだわるメリットはあまりないような気がします。

例えば、独学のメリットは費用が少ないことですが、
参考書や問題集など色々購入しているうちに1万くらいはかかってしまいます。

一方、通信教育なら2万円も出せば、講義が視聴できる、参考書や問題集、質問受付などのサービスが付いてくるところもあります。

1万円多く出して、講義を視聴しながら短期時間で合格できるなら、
通信教育の方がよいのではないでしょうか!
しかも大切な時間も節約できるので、独学で無理やり勉強する意味はないと思います。

あなたが考えなければいけないのは独学で勉強する事でなく、試験に合格する事です。
そのために最も可能性のある方法を選ぶべきだと思います。

是非、通信教育の受講も検討して見て下さい。

<< 前のページ次のページ >>

ITパスポートを独学で勉強した場合の現実!知りたい講座

ITパスポートを独学で勉強する方が理解していない本当の意味

ITパスポートの勉強を独学で行なう方は沢山います。
多分一番多い学習スタイルが独学でしょう!

しかし、独学で勉強する本当の意味を理解している人は少ないと感じます。

ところで、ITパスポートの勉強を独学でした場合、
一番のデメリットは何だかわかりますか?

「合格するのが難しくなる」「勉強がわからなくなる」「参考書や問題集を自分で選ばなくてはいけない」など、いろいろな声が上がってきているのがわかります。
確かにどの理由も間違いではありません。

しかし、もっと簡単にいってしまえば、勉強量が必要になる、
つまり時間がかかると言う事です。
それが独学で勉強した場合の本質です。

しかし、そのことを理解しないでITパスポートを独学で勉強する人が非常に多いのです。
その上、出来るだけ時間を犠牲にしたくないとなります。
そして、このような人は、挫折するか、不合格になるかの道を歩んで行きます。

ここでITパスポートの試験を独学で勉強する方はしっかりと考えて下さい。

例えば、あなたが毎日仕事で帰りが遅く、とても勉強している時間がなかった場合、
独学で勉強すればどうでしょうか?
多分ITパスポートに合格できません。
というよりも、不合格になるならまだましで、途中で挫折してしまいます。

また、自分の性格を考えて、楽しい時間やリラックスする時間をなくしてまで、
何ヶ月も勉強する自信はあるでしょうか!

もし、これらのことが出来ないと言うのなら、独学で勉強することは諦めて下さい。

独学で勉強しようと思う時間すら無駄になります。

ですが、毎日勉強しても苦にならないと思えば独学で勉強しても良いと思います。
最終的には、独学のデメリットを理解して、自分に問いかけて決めて下さい。

<< 前のページ次のページ >>

ITパスポートに合格するための絶対条件!知りたい講座

ITパスポートに合格するための心構え

実際に学習スタイルや勉強法を説明する前に理解して欲しいのは、
心構えです。
何故なら、どんなに素晴しい学習スタイルや勉強法は学んだとしても、
心構えをしっかりとしなければ合格出来ません。
不合格になる多くの方は、心構えが出来上げっていないのです。

逆にしっかりと心構えをもって勉強に望めば合格できるとも言えます。

では、皆さんがITパスポートの勉強をはじめるに当たり、
意識して欲しいのが、「時間を犠牲にする」ということです。

このことは、良く考えればわかるはずです。
ITパスポートの勉強をするということは、今までの生活の中になかった事ですので、
何かを犠牲にして、その分を勉強に当てなくてはいけません。

それは人それぞれです。
テレビやインターネットを見ていた時間を削るのか、お酒を飲む時間を削るのか、
ぼーっとしている時間を削るのか、自分の生活環境によって変わって来ます。

一見当たり前のことのように思えますが、こうしたことを理解している人が少ないのです。
今までの生活習慣を変えたくない、でも合格したいと。

しかし、それは1日24時間しかない中で物理的に不可能です。
国家資格はそんなにあまくはありません。

試験に合格するためには、今までと何かを変え、そして何かを犠牲にして勉強しなければならないのです。

中には、1日中忙しく、とても勉強が出来る環境にない人もいるかもしれません。
それでも、何処かで時間を削らなくてはいけません。

その覚悟がない人は、試験勉強を諦めてください。
簡単に合格できる試験ではないのです。

ただ、できるだけで削る時間を少なくして、勉強する方法はあります。
それは後々お話していきますので、ここでは「時間を犠牲にする」という心構えだけもてば良いでしょう!

<< 前のページ次のページ >>

ITパスポートの難易度の秘密!知りたい講座

ITパスポートの難易度!受験する方は必ず読んで下さい。

はじめに申し上げたいのは、ITパスポートは決して簡単な試験ではないと言う事です。
ITパスポートの試験は難易度が低いと思っている方がいますが、
それは大きな間違いです。

もちろんIT系の分野が得意な人には、それほど難易度が高いと感じないかもしれませんが、皆がそうではないのです。
そのことを前提として、この先を読み進めてほしいと思います。

では、ITパスポートの合格率から難易度を検証していきます。

 

平成24年

平成25年

平成26年

応募者数

68,983人

74,391人

78,720人

受験者数

62,848人

67,326人

71,464人

合格者

25,796人

32,064人

34,215人

合格率

41.0%

47.6%

47.9%

だいたい40~50%の合格率が、ITパスポート本来の難易度を示す数値であります。

それでは、この40~50%の合格率で、どのように難易度を判断するかということになります。

基本的に合格率そのものだけを見れば決して難易度の高い試験ではありません。
国家資格の中には、1桁台の試験も多くあり、それらの資格からみれば、
合格しやすい試験だといえると思います。

しかし、冒頭でも説明したようにITパスポートは簡単に合格できる資格ではありません。

よく誤解する人がいるのですが、合格しやすい試験と言えば、
あまり勉強しなくても合格できると思うのです。

合格しやすいと言うのは、きちんと勉強量をこなした上での話で、
何もしなくて合格できるほど国家資格はあまくありません。

まぁ実際に勉強してもらえばITパスポートの難易度はわかると思いますが、
難しい試験と思うくらいで丁度良いと思います。

簡単だと思ってしまえば、試験をなめてしまい、
本気で勉強しません。

とにかく、ITパスポートの勉強は気を引き締めておこなって下さい。

<< 前のページ次のページ >>

ITパスポートの出題範囲!知りたい講座

ITパスポートの出題範囲

では、ここでITパスポートの出題範囲を詳しく見てみましょう!
尚、現段階ではどのような勉強をするか具体的にイメージしにくいと思いますが、
ざっくりでも覚えた方が後々の理解を助けてくれますので、
必ず最後まで目を通して下さい。

1、ストラテジ系(35問)

ステラテジ系とは簡単に言ってしまえば、ITを使い企業活動の分析を行なう勉強をしていきます。
例えば、より良いサービスや商品を作り上げていくための分析や改善をおこなうPDCAと呼ばれるサイクルを繰り返す手法。
オフィスツールを使って、企業や商品のデーターをグラフ化する方法などです。

■企業と法務
企業:財務諸表、損益分岐点などの基本的な考え方。身近な業務を分析し,課題を解決する手法や,PDCA の考え方。業務フローなど業務を把握する際のビジュアル表現など。
法務:知的財産権(著作権,産業財産権など),個人情報保護法,労働基準法,労働者派遣法など。

■経営戦略
経営戦略マネジメント:表計算ソフト,データベースソフトなどオフィスツールの利用など
ビジネスインダストリ:電子商取引,POS システム,IC カード・RFID 応用システムなど。

■システム戦略
システム戦略:情報システム戦略の意義と目的,戦略目標,業務改善,問題解決に向けた考え方など。
システム企画:見積書,提案依頼書(RFP),提案書の流れなど調達の基本的な流れなど

2、マネジメント系(25問)

マネジメント系は、システムやソフトウェア開発、プロジェクトマネジメントのプロセスを学び、コンピューターやネットワークを使っての環境設備を整えるための基礎も学びます。

■開発技術
システム開発技術:要件定義,システム設計,プログラミング,テスト,ソフトウェア保守などソフトウェア開発のプロセスの基本的。ソフトウェア開発における見積りの考え方など。
ソフトウェア開発管理技術:開発手法に関する意義や目的について

■プロジェクトマネジメント
プロジェクトマネジメント:プロジェクトマネジメントの意義,目的,考え方,プロセス,手法など。

■サービスマネジメント
サービスマネジメント:IT サービスマネジメントの意義,目的,考え。コンピュータやネットワークなどのシステム環境整備に関する考え方など。
システム監査:システム監査の意義,目的,考え方。内部統制,IT ガバナンスの意義,目的,考え方など。

3、テクノロジ系(40問)

ITに関連する基礎的な用語や意味を学んでいきます。

■基礎理論
基礎理論:2 進数の特徴や演算,基数に関する基本的な考え方。ビット,バイトなど,情報量の表し方や,ディジタル化の基本的な考え方。
アルゴリズムとプログラミング:アルゴリズムとデーター構造の基本的な考え方,流れ図の表現方法。HTML,XML などのマークアップ言語の種類とその基本的な使い方。プログラミングの役割など

■コンピュータシステム
コンピュータの構成要素:コンピュータの基本的な構成と役割。プロセッサの性能と基本的な仕組み,メモリの種類と特徴。記録媒体の種類と特徴。・入出力インタフェース,デバイスドライバの種類と特徴など。
システム構成要素:システムの構成,処理形態,利用形態の特徴。クライアントサーバシステムの特徴。Web システムの特徴。システムの性能・信頼性の考え方など。
ソフトウェア:OS の必要性,機能,種類,特徴。ファイル管理の考え方と基本的な機能の利用法,バックアップの基本的な考え方。・オープンソースソフトウェア(OSS)の特徴など。
ハードウェア:コンピュータの種類と特徴。入出力装置の種類と特徴。

■技術要素
ヒューマンインターフェイス:GUI,メニューなど,インタフェースの設計の考え方。
マルチメディア:JPEG,MPEG,MP3 など,符号化の種類と特徴。・情報の圧縮と伸長,メディアの特徴など。
データベース:DBMS・データベースモデルの種類。排他制御・リカバリ処理の方法など。
ネットワーク:LAN やWAN の種類と構成,インターネットやLAN の接続装置の役割。通信プロトコルの必要性,代表的なプロトコルの役割。電子メール,インターネットサービスの特徴。
セキュリティ:ら情報セキュリティの基本。・ウイルス対策などの技術的セキュリティ対策の考え方。・ID・パスワード,コールバック,ディジタル署名,生体認証技術など,認証技術の種類と特徴。公開鍵,秘密鍵など,暗号化技術の仕組など。

かなり端おって説明しましたが、それでもこれだけの量があります。
つまり、ITパスポートは出題範囲がかなり広いのです。
その上、100問と言う問題数になるので、どの分野・項目からも満遍なく出題されます。

詳しくは次のページで紹介しますが、ITパスポートは決して簡単な試験ではありません。
ある一定の勉強量をこなさなければ、合格できない試験です。
特に普段ITに触れることの少ない方は、覚えにくい専門用語も多いので、
かなり努力する必要があります。

まぁ、ここでは難しく考えないでこういった勉強をすると覚えておいて下さい。

<< 前のページ次のページ >>